ご挨拶  TOP へ戻る  2015.8  更新



院長 自己紹介

【氏名】羽鳥 裕(はとり ゆたか) 1948年生まれ

【学歴・勤務履歴】
早稲田大学理工学部建築学科卒業
1978年 横浜市立大学医学部卒業
同    神奈川県立がんセンター
横浜市立大学第2内科 
横浜市立港湾病院 勤務 (内科循環器副医長)
1989年 川崎市幸区鹿島田にて、はとり内科循環器クリニック 開業
(財)神奈川県予防医学協会精密総合検診部(人間ドッグ)部長2004.12まで兼任

【学位・資格】
医学博士 
ケアマネージャー
日本内科学会認定医 日本循環器学会専門医 東洋医学会専門医 
身体障害者認定医(心臓病、呼吸器病)
日本臨床スポーツ医学会評議員 日本体育協会公認スポーツドクター 日本医師会健康スポーツ医
日本医師会産業医 日本病院会人間ドッグ認定指定医 厚生労働省THP判定医 

【表彰】
神奈川県功労賞  (体育協会スポーツ医学委員会委員長 )

神奈川県医師会学術功労賞

神奈川県内科医学会功労賞

日本体育協会功労賞 2006.12.9

川崎市体育協会60周年功労賞 2009.2.26

神奈川県民功労者賞 2012.6.14


【過去の役職】
川崎市医師会 幸区医師会理事、  医療情報システム委員会委員長  健康スポーツ医部会部会長

川崎市医師会理事  1999.4−2006.9まで
(医療情報システム、健康スポーツ医、 産業医、    健保担当、精度管理、21世紀の医療を考える委員会) 

神奈川県医師会理事 2006.10 - 2014 6 まで

公衆衛生(新型インフルエンザ担当)、 特定健診・特定保健指導、 地域保健、 将来ビジョン委員会、 倫理審査特別委員会、 治験委員会 )

川崎市医師会内科医会会長 2009.5 ー 2015.6

神奈川県内科医学会副会長 2010.5 ー 2015.6

日本医師会会内委員会 がん公衆衛生委員会委員 2010.4 ー 2012.6

                公衆衛生委員会委員 ならびに  がん対策委員 2012.6ー2014.6

厚生労働省厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会・次期国民健康づくり運動(健康日本21)プラン策定専門委員 2011.11から

前神奈川高血圧研究委員会委員長


【現在の役職】

日本医師会常任理事 2014.6.28 から 現在在職中

主担当   医師会共同利用施設 精度管理 健診検診 図書館 

副担当   産業医 健康スポーツ医 公衆衛生 医師の職業倫理 感染症危機管理

日本医師会標準フォーマット  医師主導医療機器開発支援事業  


宮本 明 先生 ご挨拶

火曜日午後の診療担当
循環器インターベンション治療、下肢の動脈インターベンション治療でもご高名な先生ですが、ご紹介申し上げます。当クリニックのお手伝いをしています。

【氏名】宮本 明(みやもと あきら)

【生年月日】1958年生

【略歴】
1983年  防衛医科大学校卒業
1983-85年 防衛医科大学校病院にて研修医
1985-87年 自衛隊仙台病院 内科勤務
1987-89年 防衛医科大学校 第一内科勤務
1989-90年 自衛隊中央病院 内科勤務
1990-94年 防衛医科大学校研究科(第一内科)
1992-94年  New England Deaconess Hospital循環器科勤務
1994-95年 自衛隊熊本病院 放射線科部長
1995-97年 川崎幸病院 循環器科医長
1997-2004年 川崎幸病院 循環器科部長
2001-04年 川崎幸病院 副院長兼心臓血管センター長
2004-2015 菊名総合病院循環器部長

2015-   高津総合病院循環器センター長



【資格】
医学博士
日本内科学会内科認定医・専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション学会認定医・指導医
日本心臓カテーテル治療学会指導医
日本血管内視鏡学会認定医

【参加学会】
日本内科学会・日本循環器学会・日本心臓病学会・日本脈管学会・日本心血管インターベンション学会・日本心臓カテーテル治療学会(評議員)・日本血管内視鏡学会(評議員)・日本血管治療学会(評議員)・日本冠疾患学会(評議員)


山内 先生 自己紹介